生きよう

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 未分類 > 生きよう

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.01.04 Mon 生きよう

年末年始は年賀状に追われる。

果たして、意味があるのだろうかと考えながらも、

パソコン年賀状の安い本を買ってきては、

ソフトを入れて、イラストを探す。

そのままでは、つめたいので、

ヨクアルパターン、一言添える。

中学二年の娘は部活の仲間を中心に、

今頃、40枚の年賀状を書いている。

今年は裏のイラストのみを手伝う。

あとは自分で頑張ってくれ。

母を病院に連れていく。

腕の痛みは頚椎の神経症。

年末、首が痛いからと、訪問サービスでごりごりと、

腕のない指圧師に首を揉んでもらうからだ。

昨年、余命三カ月から3年と言われた父は、

ステージ4の骨まで来たリンパ癌を、

抗癌剤とともにかるーく乗り越えた。

髪が抜けないことを医師に尋ねると、

「しぶとい人は、髪もしぶといんですよ。」


今日、やすい理髪店で髪を切ってもらったら、

髭そりの時あごの下をカミソリで切られた。

顎の下に当てたカミソリが縦でなく、

横にすーっと動いたときに、

ぞっとしながらも、切れたと感じた。

わざと横に動かしたような気がしたが、

暗い40前後の女性は、深く当て過ぎたようでと言いながら、

慣れた手つきでワセリンのようなものを塗った。

その後、眉の下を剃り終えると、

「長いまつげを切りましょうか?」

「いいです。」

僕のまつげは長くないので断った。

はい、と言ったら、まつげが無くなっていたかもしれない。

何も言わずに店を出た。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。