生きよう

Home > 未分類 > 生きよう

2014.06.22 Sun 生きよう

4月を過ぎた頃から、家の中の風景が変わってきた。

子供たちの成長が新たな扉を開いたかの様だ。


長男は大学生になり、

ラクロス部という体育会系の部活に入り、毎朝5時に起きて家を出る。

生傷が絶えないけれども、楽しそうで、

髪なんかは茶色に染めて、厚い眼鏡はコンタクトに早変わりした。

合宿に出掛けたり、アイドルのコンサート会場の警備のバイトをしたり、

テニスサークルにも入ったりと、大忙しで、日に焼けて真っ黒だ。


娘は中学生になって、バスケットと塾通い、携帯のラインに嵌っている。

僕を少しづつ避けるようになり、会話も最小限だ。

親と離れたい年頃なんだと、それなりに距離を置いて見守っている。

この年頃の女の子は難しいのだろう。

この先、何年かはこの距離が縮まらないかもしれない。

もしかして、結婚して子供が出来るまで?

でも、それでも、淡々と待っていようと思う。


次男は高校二年生になり、身長も伸びた。

僕よりは低いのだけれども、長男ともう変わらない。

中学の頃まではとても小さくて心配したのだけれども、少し、ほっとした。

高校では、ハンドボールに夢中で部活三昧。

気楽に朝からいつもシャワーを浴びては歌を歌い、

裸で出てくるので、僕がいつも文句を言いながら、

レースのカーテンを閉めている。


妻は仕事から帰ってきて、ご飯を作って食べた後は、

すぐにウトウトしている。

子供たちの生活のリズムが超朝型になったせいだろう。

でも相変わらずお菓子が大好きで、

日々何かを買ってきては食べている。

僕はそんな妻が、リビングでテレビを見ながら寝入る顔を、

なんとなくおかしく、懐かしく見ては、布団を取りに行く。


僕は休みの日は映画を毎週見に行っている。

昼は炭水化物とビールで酔っぱらって、

夕方には両親に会いに行く。

そしてまた、フラフラになって腹いっぱいになって、

「おじゃましました。」と、年老いた母に手を振る。

母は門のそばで、心配そうに僕が一つ目の角を曲がるまで、

手を振っている。


時が経つのはあっという間だ。

今ある時間を大切にしないといけない。

けれども僕は今日も、

ただ、だらだらっと一日を過ごしている。