生きよう

Home > 未分類 > 生きよう

2014.06.12 Thu 生きよう

車を走らせれば30分もかからない場所で、

子供の白骨死体が見つかった。

好きな女と遊んでいる間に、子供は寂しさの中で飢え死にした。

何年か前に、風俗嬢がドアを張り付けて、

灼熱の中で子供を飢え死にさせた殺人事件があった。

お人好しはシングルマザーの子育ての苦しさを、

宣伝していたけれど、

僕は苦しくて吐き気と涙が止まらなかった。

一旦背負ったものは、下ろすなよ、捨てるなよ、

踏ん張って、担いで登って行けよ、、と思うのだけれども、

自分のことだけを考える、駄目な大人が多すぎる。


2010.8.13

昨日の夜中、あるコラムニストのブログを読んでいた。

彼女のブログには、母親に置き去りにされて殺された、

幼児殺人事件について、書かれていた。



「彼女が血も涙もない、悪魔の様な人間とは思えない。」

「彼女がウソを書いていたとは、思えない。
 きっと、その時は、本当に愛していたんだと思う、心から…。」

「歯車が、どこでどうズレてしまうと、
 こんなことに、なってしまうのか…。」

 「彼女がしたことは、許されることじゃない。
でも、責められるべきは、彼女だけじゃない。」

「他人の妊娠や、育児に関しての、
 心ない「批判」をやめるべきだ。」

 「私たちの、社会全体の、責任だ。」




彼女の言うとおりかもしれない

でも、、、、

ただただ、二人の子供が不憫でならなかった。




母親のこころを

人としてのこころを

捨てた女

自分の欲望と快楽の前に

子供さえ邪魔ものにしか感じない女

ペットを捨てるように

我が子を捨て

逃げられぬように、ドアを塞ぎ


餓死させた女





だけど、

きっと、


それでも、女の子はママを恨んでいない


恨む感情さえない年頃だ

どんなに人から優しくされようと

「やっぱりママよね」と言われる、年頃だ



だから

余計にかなしい



桜子ちゃんの事を思った


僕は目を閉じた




涙がこぼれた






かーくん、めをあけて

ママはもうすぐかえってくるよ
ごはんもおかしも、いっぱいもってきてくれるよ

ママ、おなかへったよぉ
はやくかえってきて、ママ

さくらこがいつもママをおこらせるから?
ママ、おしごといそがしいんだよね、、、

ママ、だいすきなママ
どこにいるの
なにかあったの

さびしいよー
ママ、さびしいよー

あついよー
かーくん、はだかになろっ

おなかへったよー
かーくんがねちゃった

ねぇママ、どこにいるの

かーくん
ママ、おかしいっぱいもってきてくれるよ
いっぱいいっぱいもってきてくれるよ

ママーママーママーママー、、、

ママママママァ、、ごめんね、、だいすき