生きよう

Home > 未分類 > 生きよう

2012.06.28 Thu 生きよう

扉の向こうで、妻と長男の話す声が聞こえた。

「でも、よかったよ。おじいちゃん俺があげたお菓子喜んでくれて。」

先日、修学旅行から帰って来た長男が、

メープルシロップの入ったクッキーをお土産に渡した。


「おじいちゃん、とも君がくれたクッキーおいしいって、

誰にもあげないでくれって、毎日、一枚づつ食べてたのよ。」

休みの日、実家で夕飯を食べている時に、母が言った。


カナダから抱えて持って来たお土産だけれども、

妻と買い物に行ったコストコにも、山のように売られていた。

俺はパソコンに向かいながらも、隣の部屋に聞こえるように言った。

「それはお菓子じゃなくて、ともやが買って来たからだよ。」