生きよう

Home > 未分類 > 生きよう

2012.02.25 Sat 生きよう

雨が降っていた。

そんな雨に濡れながら仕事。

だけど、雨って、嫌いじゃないな。

15の頃、震えるくらい大好きで、

失恋した時、初めて飯が喉を通らない事を知った。

そんな彼女が風邪をひいたとき、

八百屋で安物のみかんを買って、

雨の中、彼女の家を目指して自転車で走った。

結局、渡すことはできなかったんだけれど、

その思いは今でも心の奥に残っている。

あの日の俺は、

きっと今よりずっと、

優しかったんだろうな。