FC2ブログ

生きよう

Home > 2019年07月

2019.07.15 Mon 生きよう

昨日、写真集をバラして額に入れて飾った。

先日、買って来てもらった一万円以上する

高価な写真集なのだけれども、

しまって朽ちていくよりは、部屋の中で

生きていくパワーを与えてくれ、

という感じで、

夜中にせっせと、糸を切って額に入れた。

ふらっと寄ってきた長男に、

作家の人も飾って貰えるように

取りやすいように作ったんじゃない、と言うと、

見開きで見やすいように、日本で一人しかいない

職人さんが作ったんだよ。

だから高いんだよと言う。

ついでに長男の部屋にあった有名画家の

描いた絵のポスターが入った額の中にも、

バラした写真を入れて飾った。

最近はあまり会話がなかったけれど

これもパワーみなぎる写真のおかげかな?

ごめんなさい、ヨシダナギさん。

2019.07.14 Sun 生きよう

もう七月の中というのに、

さして、暑くない。

梅雨時のせいか、長袖も着る。

十五歳の頃から聞いてる、グレン・グールドの

ゴールドベルク変奏曲を

今日も聞いている。

なぜか歳をとってくると、

聞きたい曲がどんどん減っていって、

恋愛ソングなどは遠くの彼方に

消え去ってしまう。

2019.07.10 Wed 生きよう

最近は心が痛む事件が多い。

どうなるのかなぁ?なんて思いながらも

日々、昨日のことは忘れて生きている。

結局人間なんて、

自分の身に降り掛かったことばかりが、

心を支配するもんだなと

…少し虚しく思う。

2019.07.08 Mon 生きよう

バッハを聞きながら、

寝転んでる。

昼間からビール。

娘が働くマクドナルドの横で、

中年のオヤジはポケモンゴー!

それが俺の午前の出来事。

もうすぐ、学校に行かなくなって一年。

人それぞれの人生。

曇り空の下、車は走り続けてる。

ここからどこに向かうのだろう?

ただ正直に生きたいな。

正直に生きたいな

2019.07.06 Sat 生きよう

僕は酒を呑みながら、

ヨシダナギさんの写真集を見ている。

妻と長男が今日、写真展に行って来た。

サインの入った大きな写真集。

妻のスマホの中には、

三人の笑顔が写っていた。

2019.07.01 Mon 生きよう

横柄な子どもたちの態度には辟易する。

思春期を迎えた頃から、そこには壁ができて、

それでも、親である僕は

子どもたちのことを思って、

生きている。

他人であれば、嫌い疎遠になる態度であっても、

子供であるために、心底、憎むことも、

恨むこともない。

僕と同じ思いを持つ親は、

世の中には星の数ほどいるだろう。


仕事をしていて、非常に態度の悪い若者を

最近はよく見かけるようになった。

怒りとともに

その親の苦労が目に見えて、

同情する。


投げ捨てられた子どもたちの洗濯物

部屋に転がる汚い靴下

部屋に置き去りにされた汚れた皿

ホコリにまみれた、ペットボトルやゴミも

自己中な言い分や戯言


すべてそのままにして

自分の好きに生きたいと

思うこともある


感謝もされずに

黙々と働き、

子どもたちの幸せを心から願う親たち



自分勝ってに生きる子どもたちが

糞のように思えることもあるだろう


それでも僕は日常を守るために

雑事をこなしながら生きている

そして、明日も息が切れるまで

生きていくだろう

それでも楽しく生きよう

額に汗して生きよう

頑張って生きよう


子どもたちの親は

僕らしかいないのだから






2019.07.01 Mon 生きよう

これからは、愛を意識した生き方をしたい