生きよう

Home > 2016年01月

2016.01.24 Sun 生きよう

来月から早出で忙しいので、

今日は有給取って、ぼんやりしている。

ビールやワインを飲んで、ワンピースや漫画やテレビを見て、

だらだらーっと生きている。

ある意味、欲のない男は、

青空を背景に、洗濯物が揺れるのを見ている。

箪笥の上に忘れ去られた、守村大さんのあいしてる、という漫画を読んでいたら、

泣けてきた。

2016.01.16 Sat 生きよう

もちろん今年も楽しく生きる。

楽しくね。

やっぱり楽しく生きるには、

楽しく生きようって思わないと、

好きな気持ちを大切にしないと、、

2016.01.16 Sat 生きよう

今日は次男のセンター試験。

今、恐る恐る採点して、あー駄目だったと、嘆いてる。

まだまだ、人生はこれからなのだ。

数え切れないほどの、ジャブを喰らって、

これからの日々を生きて、生きていかないといけないのだ。

誰かのために生きることも、必要な時代がいつか訪れるだろうし、

本当に好きな人に、正面向かって、

「好きだ。」って告白する日も来るだろうし、

センター試験なんて、ちっぽけな経験。

まぁ、頑張った。

少しだけ頑張った。

明日も頑張れ!

幸せになれるように、、。

生きることは、あきらめないこと、

踏みつけられても、ファイトファイトファイト!!!

2016.01.04 Mon 生きよう

年末年始は年賀状に追われる。

果たして、意味があるのだろうかと考えながらも、

パソコン年賀状の安い本を買ってきては、

ソフトを入れて、イラストを探す。

そのままでは、つめたいので、

ヨクアルパターン、一言添える。

中学二年の娘は部活の仲間を中心に、

今頃、40枚の年賀状を書いている。

今年は裏のイラストのみを手伝う。

あとは自分で頑張ってくれ。

母を病院に連れていく。

腕の痛みは頚椎の神経症。

年末、首が痛いからと、訪問サービスでごりごりと、

腕のない指圧師に首を揉んでもらうからだ。

昨年、余命三カ月から3年と言われた父は、

ステージ4の骨まで来たリンパ癌を、

抗癌剤とともにかるーく乗り越えた。

髪が抜けないことを医師に尋ねると、

「しぶとい人は、髪もしぶといんですよ。」


今日、やすい理髪店で髪を切ってもらったら、

髭そりの時あごの下をカミソリで切られた。

顎の下に当てたカミソリが縦でなく、

横にすーっと動いたときに、

ぞっとしながらも、切れたと感じた。

わざと横に動かしたような気がしたが、

暗い40前後の女性は、深く当て過ぎたようでと言いながら、

慣れた手つきでワセリンのようなものを塗った。

その後、眉の下を剃り終えると、

「長いまつげを切りましょうか?」

「いいです。」

僕のまつげは長くないので断った。

はい、と言ったら、まつげが無くなっていたかもしれない。

何も言わずに店を出た。