生きよう

Home > 2015年04月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.04.27 Mon 生きよう

今日も娘を連れて、少し離れた病院に行った。

バスケットの試合中に鎖骨を折って、運び込まれた救急病院。

今日はレントゲンとCTまで撮っての診察。

ようやく、骨もついてきたようで、肩に取り付けたコルセットを外す。

折れた骨って、こんなふうに成長してくっついて行くんだな。

まるで接ぎ木のようだなと、思う。

診察が終わると、中学校の近くまで送り届ける。


先週は雨が降った。

先週も病院に連れて行って、その後学校まで送ったのだけれども、

夕方から雨風が激しくなったので、心配してビニ傘の骨を折りながら、

娘のピンクの傘を片手に持ちながら迎えに行った。

少し早かったので、学校の周りをうろちょろしたり、

近くの売店の自動販売機で缶コーヒーを買って、軒先で雨宿り。

しばらく待って、ようやく出てきた娘は誰かの傘を借りたのか、

友達とふたり、ニコニコと話しながら歩いていた。

後ろから追いかけて、名前を呼ぶと、

振り返った顔は、めんどくさそうな、嫌悪の表情。

片手に持つ重たい荷物を指差し、

「持ってやろうか?」

「いい、、」

何とも言えない気持ちになって、さっさと帰ろうとしたけれど、

もう一度振り返って、

「お前、肩怪我してるから持ってやるよ。ほら、」

娘の友達の好奇な視線を感じながら、強引に手提げを取ろうとすると、

靴の入った小さな袋だけを手渡された。

僕は振り返らずにさっさと帰りながら、

傘も刺さずに、フードもとって、

なんかストーカーか、好きな子を待ち伏せして嫌な顔をされる

思春期の男の子のようだなと思うとおかしくなった。

次の日に会社で笑いながら同僚にその話をすると、

「寂しい話ですねー。でもきっと、覚えてますよ。」

覚えていてくれたら、雨に濡れたのも悪くないなと思いながらも、

世の男親なんてみんなこんなものなんだろうなと、、。
スポンサーサイト

2015.04.26 Sun 生きよう

幸せっていうのは

ただそこに

愛があるかどうかって

事なんだよね!

2015.04.22 Wed 生きよう

先日、次男のハンドボールの公式試合を見た。

行く予定はなかったのだが、長男が次男のユニフォームを、

同じ部活の後輩に練習着として貸していたようで、

ユニフォームが見つからないと、朝から大騒ぎだった。

ちょうど休みの日だったので、長男の大学のある駅まで取りに行って、

そのまま、次男の試合がある高校のグランドまで、届けた。

せっかく来たのだからと、試合時間まで一時間くらい待って観戦した。

掛け声とともに、先頭を切ってグランドに入ってくる次男。

誰よりも相手のゴールにボールを投げ込む。

結果、試合には負けてしまったのだけれども、

涙がこみ上げてくるくらい、心が揺れた。

懸命に走り回って、ボールを投げ込む姿に、感動した。

高校生活、一生懸命に打ち込んでいたんだなと、、。

これが、ひとつの答えなんだな。

青い空とか、土のグランドとか、散りゆく桜とか、

素直に生きる心の声援が響いていた。

2015.04.09 Thu 生きよう

ちなみに、今日も酔っ払っている。

酔っ払っているから、文章を書ける。

今年も、富士に登る。

去年はあと僅かなところで、引き返した。

今年は、ウォーミングアップで低い山を登ってから、

富士に登る。

僕は自分なりの努力をする。

だから、何もせずに一緒に上って、

天井の目の前でギブアップされても、

僕は一人でも登る。

僕は自分のために生きる。

2015.04.05 Sun 生きよう

数日間の研修から帰ってきた。

一度妻に子供たちの様子をメールでたずねた。

数日間でも、家族と離れると、少し寂しいものだ。

乗り換えの上野駅が近づいた頃、

電車の窓から街の風景を見た。

古い家も多く、まるで遠い昭和の風景のようだ。

きっと住んだら気持ちのいい街だろう。

帰りの電車の窓から、多くの桜を見た。

田舎には太陽光発電のための、黒いパネルも増えた。

家に帰れば、また当たり前のように、

生活をしている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。