生きよう

Home > 2014年11月

2014.11.24 Mon 生きよう

妻のお兄さんが突然来た。

夕方、次男と長女をご飯に連れて行ってくれた。

家のあまりの汚さに驚いたのか、

数日後、義母から妻に電話が掛かって来た。

あまりの心配に、12月中にこちらに来るようだ。

まぁ、理由はなんであれ、親子がゆっくり会って話す時間はいいと思う。

僕も家が汚れすぎているのは、良くないと思う。

何かのサインではないかと、気にしている。

2014.11.09 Sun 生きよう

呑み散歩から帰ってから先、

どうも気分の調子が上がらなかった。

鬱的な頭のもやもやとした状態と全身の倦怠感。

酒量は日々増えるばかり、そんな憂鬱な日々。

一年のうち何回か心のバイオリズムが下がる時がある。

困ったなー、体の疲れも取れないしなどと思いながら、

通勤途中のバスの中で、呑み散歩の途中で買った詩を読んでいると、

ふと、心がスーっと元気になって、体も軽くなった。

詩が心に染みたというわけではなく、

詩を読みながら、ふと、詩的に生きようと思ったからだ。

2014.11.06 Thu 生きよう

娘のパンクした自転車を引きずりながら、

昨日は自転車屋さんに持って行った。

取りに行く時間には家でワインを一本開けてしまって、

仕事帰りの妻に頼んだ。

妻もめんどくさがって、娘の自転車はそのままになっている。


長男の肋骨が部活でヒビが入った。

痛いと言いながらも、どこに行くのやら、、。

僕は財布から少しばかりの小遣いを渡した。


娘は朝も夜もお気に入りのドラマを何度も見る。

僕は一回見れば飽き飽きしてしまうのだが、

不思議な娘だ。

朝早くから娘が見るドラマのセリフが、最近の目覚まし時計。


今日は雨。

小雨の日は、気分を落ち込ませる。

どうせ濡れるのなら、今は土砂降りがいい。

2014.11.05 Wed 生きよう

人生はほんとうに、

一瞬先は闇。

そんなことに、ふとしたことで気づいた、、。

それから二日、、。

ぼんやりと昨日の夜、歩いて帰っていたら。

車に轢かれそうになった。

交差点で一時停止で止まった車の前を、

歩いていくと、いきなり車が前進した。

ボンネットすれすれを一歩二歩三歩と、後ろに逃げて、

ギリギリではねられずに済んだ。

ペダルを踏み間違えたのか、見えなかったのか?

止まった車の中で、済まないと手を挙げていた。

ついてないけど、ついていた。

今日は久しぶりに会社を休んだ。

年金機構や銀行に行って、

繰り上げ完済の一部手続きをした。

駐輪場の妻や子供の自転車のチェーンが錆び付いていた。

油を挿そうと思う。

娘の自転車のタイヤが何故だか外れていた。

2014.11.02 Sun 生きよう

今年は本当にいい一年で、

長男が国立大学に合格したり、

車にはねられた女性を必死で救護したり、

母と温泉に行ったり、

映画を一年中見続けたり、

富士山に登ったり、

酔っ払ってTOKYOを散歩したり、

住宅ローンの借り換えの審査も無事に通った、

今日の朝なんて、浮かれていい一年だなーなんて言っていた。

ところが仕事で大失敗。

ツキの流れで切り抜けたけれど、

世の中、

一寸先は闇。

怖い怖い!

だからこそ光と闇の瀬戸際を

生きている限り、

楽しく、生きろってことだなと、

いつもの調子でポジティブに捉えて酔っ払う。

人生裏表、

プラスマイナス0ってところだろうけど、

止まったところは表にしていたい。

いい流れを掴みたい。

本当に裏表のない仲間と付き合うことだろうと思う。

数でもないし金でもない。

こころがあるかどうか、。