生きよう

Home > 2014年02月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.02.16 Sun 生きよう

今日は日差しが暖かくて、

陽のあたる場所の雪は、ずいぶんと融けた。

日当たりの悪い場所に降った雪は、

なかなか上手く融けずに、氷のように硬くなった。

雨が一晩降ってくれればと、思わないでもない。

冷たい雨も、もっと冷たい雪は融かす。

皮肉のような慰めのようなやさしいことがら。

明日は休みだから、

実家に行って、雪かきをしようと思う。

もうひとつ、ハートか、、。
スポンサーサイト

2014.02.15 Sat 生きよう

ゆき、ゆき、雪、、。

真っ白な雪が重たいくらい降り積もった。

今日は会社で一日中、雪かき。

こんな雪、子供の時以来だ。

いや、むかーし車の免許を取った頃、

こんな雪が降っていたことがある。

雪かきで、ほんとに疲れた。

芋焼酎で酔っぱらう。

長男へ大学から合格通知が、舞い込む。

2014.02.14 Fri 生きよう

口内炎で舌の付け根が痛い。

親指と人差し指の爪の先端がひび割れて、痛い。

歯まで欠けて、カミソリのようだ。

つばを飲み込みすぎて、耳の奥までけだるい。

だけど、雪がとてもきれいだ。

雪が霧のようだ。

今年は体調不良が続く。

でもさっき食べた生パスタのカルボナーラはおいしかった。

酒が無い。

雪の中を買いに行こうか?

2014.02.10 Mon 生きよう

実家に行って雪かきをした。

玄関の前や、駐車場や家の前の道を、

気持ちいいほど綺麗に雪かきした。

体が熱くなって、汗がにじんだ。

年寄りが転んだら大変だ。

母はとても喜んでいた。

両親は歳をとり、決して若くない僕が雪かきをする。

そんな時代になったんだなと、

路肩で融けるしめっぽい雪を感じながら、思う。

2014.02.10 Mon 生きよう

雪の後は、天気が良くて、

ベランダや歩道の雪も、水に流れて消えていく。

それにしても、上村愛子の4位は納得いかない。

タイムも一番良くて、ミスもほとんどないのに、

ハナ・カーニーのあの滑りより得点が下なんて。

ぜったい、やらせだと思ってしまう。

審判の心情が採点に反映しすぎる。

これじゃあ、どんなにいい滑りをしても、

日本人はモーグルじゃあメダルを獲れない。

2014.02.08 Sat 生きよう

雪がしんしんと降っている。

僕は焼酎を飲み続けている。

かたわらで、妻と娘がひとつ布団の中、

どこまでも深く、眠っている。

長男はまだ帰ってこない。

僕は風呂を洗って、熱い湯を入れた。

次男も横になりながら、携帯ゲームをうつらうつらこなす。

十代の頃、こんな雪が降っていた。

同じように窓から見た。

2014.02.07 Fri 生きよう

明日は20年に一度の大雪らしい。

20年前に降った雪なんて、忘れてしまった。

20年前は先の見えない不安と焦燥と、

それでも、自分に対する漠然とした自信と、

誰かを愛して結婚したいと、ほんとに思っていた。

春から夏にかけて、幸ちゃんと付き合い始めて、

翌年の冬に結婚した。

あっという間の、20年だったと思う。

明日は長男の大学入試日。

2014.02.04 Tue 生きよう

雪が降った。

途中、花びらのような大きな雪が、

風に舞って、

白い世界。

いろいろ、ある。

いろいろあるよね。

2014.02.03 Mon 生きよう

顔の腫れが引いた途端に、

抗生剤を飲みながらも、ビールで二日酔い。

駄目な男だなーと、思いながらも、

ここから、完全復活だーとポジティブ思考。

長男は大學目指して、朝から喫茶店で勉強している。

えらいねー、僕はアルコールを抜くために野菜ジュース。

今日も好き日に、、。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。