生きよう

Home > 2013年11月

2013.11.30 Sat 生きよう

杏里のオリビアを聴きながら、、。

声と曲がぴったりで、遠い昔、何百回と聞いた。

今聞いても、本当にいい。

前奏で心がしびれる。

人を好きになる。

そんな気持ちが芽生えたころの曲だから、

なおさら、心に残っているんだろうね。

もう、いい年になって、

恋なんて気持ちを吐きだしたら、笑われそうだけれど、

「ラブだね~。」

ドラマで見ながら、そんな気持ち持ち続けたいと、

思う、今日この頃。

明日は飲み会。

楽しく、笑って、いい時間にしたい。

人は、自分一人では幸せになれない。

誰かを幸せにして、

心、ほんわりと温かく幸せになる。

2013.11.22 Fri 生きよう

生きよう

父の見舞いに行って、昨日おじさんが死んだことを知った。

階段から転げ落ちて、頭を打って死んだようだ。

警察が言うには、長く伸びた片方の靴下に足を取られて、

転げ落ちたのではないかと、、、。

死因ははっきりしないが、好き勝手に生きて好き勝手に死んだ。

話し上手で、面白くて、女好きで、

酔っぱらうとすぐに女性に抱きついた。

おじさんが話し出すと、笑いと光がさした。

晩年、喉頭がんで声を失い、

酒にますます溺れ、ボケて、この世に別れを告げた。

年上の女性が好きで、家族を捨てて彼女と暮らし、

彼女がボケても、あれこれと小まめに世話を焼いていた。

人生はいろいろで、だけど死は誰にでも平等に訪れる。

だからこそ、今を少しでも楽しく生きないといけない。

人は交わる人を、誰をも幸せにすることはできない。

誰かを幸せにする一方で、誰かを悲しませることもある。

でもそれが人間で、悲しみの中にいる人間も、

傷を抱えながらも、何かを乗り越えて、

幸せをつかんで、憎しみのない明日を

笑って迎えられる明日を、その手に握りしめられることが、

きっと、大切なんだと思っている。

2013.11.21 Thu 生きよう

月がきれいだな。

酒がうまいな~。

昨日は長男が暴れて、筋肉痛。

みんな、それぞれの悩みを抱えて、生きている。

他人からみれば、ちっぽけな悩みでも、

本人にしてみれば、心が締め付けられるくらい

苦しいんだろうね。

甘ったれた自己中心の悩みに、優しく寄り添うのが正しいのか、

是非をはっきりさせて毅然とした姿勢を見せるのが、正しいのか、

それは親としても、人としても、匙加減だと思うけれども、

陽が昇って、新しい一日が始まれば、

昨日のことは忘れて、笑顔で屈託なく、

今日を今を生きることが大切だと思う。

2013.11.18 Mon 生きよう

ほんとに、秋深しというか、

道を歩いていても、木々の色合いに癒される。

日本の秋、日本の色、山吹色、茜色、橙、、薄茶色、、。

これから娘とインフルエンザの予防接種に行く。

少しだけ散歩気分で、帰りは何か食べようかな?

最近小六の娘の身長が伸びて、もうすぐに母親と同じになる。

時の流れは早い。

2013.11.17 Sun 生きよう

なーんにも、成し得ずに生きて死んで行くのかな?

この時期になると、自動販売機に「おしるこ缶」

月を見上げてほっと一息。

でも、まぁいいか!

2013.11.14 Thu 生きよう

少し寒くなってきたよね。

今年もあと僅か。

いい一年だったのかな?

寒い朝。

せわしない一日。

少しさびしい帰り道。

だけど、今日も一日お疲れ様。

お互い、頑張って生きようよ!

少しだけ、思いを口にしたり、

人に優しくできたり、

澄んだ空を眺めたり、

花に水をやったり、

照れて笑ったり、

正直に、駄目な自分でも、

明日が晴れますように、

頑張れるように、

いいんだよ、そのままで、、。

2013.11.04 Mon 生きよう

家呑みは止めようと決心したにも関わらず、

三日坊主で浮かれている。

冷蔵庫にビールあるかな?

帰り買って帰ろうかな?

でも、禁酒禁酒、今日こそは休肝日だ。

そんなことを思いながら、家に着いて、

いそいそと冷蔵庫を開ける。

「ありがとう、さっちゃん。」

すくっと誇らしげに立つ缶ビールに、

とてもうれしく、幸せな気分になって、

結婚してて、家族があってよかったな、などと

単純に思い感じてしまう。

そんな昨日の夕暮。