生きよう

Home > 2013年08月

2013.08.26 Mon 生きよう

八月ももうすぐ終わりだ。

今年の夏は、酷く暑かった気がする。

来年の夏もこんなに暑いのか?

ゲリラ豪雨が続いたとしても、きっと驚かない。

気候は乱れていて、地球は何かを語っている。


妻が昨日から次男と長女を連れて、

大阪に里帰りした。

義兄が義母にサプライズで妻を会わせようと、

チケットをプレゼントしてくれた。

今頃、楽しい時間を過ごしているだろう。

笑っていてくれたらいい。


結婚して、家族が出来てよかったと思えることの一つに、

妻や子供の楽しみや、笑顔や幸せに対して、

自分自身もほっとひと安心して、喜びを感じれることだ。

親が自分の子供の笑顔を見て、喜んだり、

夫が妻の笑顔に安心したり、

人間はエゴイストだけれども、すべてがそうじゃないと、

家族の中での日々が、伝えてくれる。

2013.08.14 Wed 生きよう

夏休みも今日まで。

明日からは猛暑の中、汗とともに仕事だ。

娘がミニバスの合宿から帰ってきた。

マンションの下で偶然に会った長男が、

娘の重いバッグを持って上がってきた。

また少し色が黒くなった。

次男が髪を切ってきた。

小学生の坊ちゃん刈りのようで、笑ってしまった。

鏡の前であれこれと、髪形をいじっているが、

さして、くったくもない。

今日は湿度が低いせいか、風が心地よい。

昼間から酒を飲んで、気持ちよく眠りこんだ。

時は何気なく刻まれて、過ぎていく。

ひとりひとり同じ時代の中、それぞれの時を刻む。

明日もいい一日だったらいい。

健康で、不慮の事故もなく、嫌な思いもせずに、やすらかな、

思いやりのある一日だったらいい。

2013.08.12 Mon 生きよう

おじさんの葬式に、妻と母と妹と行ってきた。

腰の痛みにのたうちまわる父は、ベッドで時を送る。

自分の弟の葬式にも行けぬのに、痛みのため悲しみよりも、

不満で満ち溢れている。

告別式、夏風邪なのか、坊主のお経の声がひっくり返る。

そのたびに、笑いをこらえる僕の肩がふるえる。

眉間を押さえながら思うのは、

「まるで子供のころに見た、ドリフだな。」

神聖な場所で、神聖な場所だからこそおかしく、

笑ってはいけない場所だから、おかしい。

心底悲しんでもらえる人は、幸せだと思う。

一人の人間が、心底その死を悲しむ人は一握りだろう。


火葬場で白い骨がからからになって、横たわる。

「これが足です、これが俗に言うお皿の部分。

これが大腿骨で、これが喉仏、はっきりと仏様が

現れてますね。そして、これが歯です。

これが耳で、これが指です。」

きれいに残った顔の骨を、

側から子供が触っている。

その子の祖母が小さな声で叱るのだが、

しばらくすると、その骸骨に手を伸ばす。

死んだら、おしまい、南無阿弥陀仏。

死んだら、はじまり、南無阿弥陀仏。

「生まれてきたからには、一日でも長生きしたいわね。」

隣で、91歳の老婆が可愛く笑いながら言う。

詩吟に民謡、カラオケと習いごとは今も絶えない。

愛欲、物欲、食欲、性欲、プライド、、。

白い灰になった命を見た日はいつも、

人の宿命を強く感じながら、

心底、心素直に楽しんで生きたいと思ってしまう。

2013.08.11 Sun 生きよう

汚染水を海に垂れ流す。

自然をさんざん痛めつけている人間が、

また自然の懐に頼り切って、

自然を傷付けている。

自然界にないものを、

人間が神を気取って創造し、

責任を自然に押しつけて、

知らぬ存ぜぬ。



2013.08.09 Fri 生きよう

おじさんが癌で亡くなった。

告別式には参列する。

結婚式にはナコードもしてくれた。

お酒がとても好きだった。

戦争中、野良犬を拾ってきて、

長男の僕の父にこっぴどく怒られた人。

いのちはいつの日にか、

みな同じように尽きるんだよね。

2013.08.06 Tue 生きよう

この間、って言っても日曜日、

仕事帰りに同僚、仲間と炭火焼肉。

酒飲んで、気分がよくって、ハッピーなら、

味なんていつも旨いと思う。

でも意外とみんな肉の味にこだわるんだよなー。

二日間、ニンニク臭かった。

味も分かりすぎないほうが、幸せだよ。

2013.08.05 Mon 生きよう

今日は風立ちぬを観た。

妻と娘と僕と母と四人並んで、、。

娘は途中からウトウト。

余り話が分らなかったらしい。

僕は途中ウルッと来て、

ラストで泣いたら恥ずかしいなと、

2013.08.04 Sun 生きよう

今日は花火大会。

駅を降りると、幸せそうな顔、顔、顔。

仕事を終えて、家に向かう途中。

男と女。

たくさんのカップル。

花火って、なぜ好きな人と一緒にみたいのかな?

2013.08.02 Fri 生きよう

最近、昼ご飯は冷やしキツネ蕎麦。

夏中、食べ続けてもいい。

そういう性格。

同じ店に通い続けたり、

、、、だけど、親しくなるわけでもなく、

なんて言えばいいのか、

自分がそこにいて居心地がいいという、

時と空間が好きなんだ。

気に留めてくれて、ほっといてくれる、そんな場所。