生きよう

Home > 2013年07月

2013.07.31 Wed 生きよう

最近はなんだろう、ふわりとした日々を過ごしている。

気力があるのか無いのかわからないけれども、

ぼんやりと、三流美術館の絵を酔っぱらいながら見ているような、、。

幸せなんだろうな、のんびりとした日々。

夏の海でも見に行こうかな?

砂浜に足跡を刻んで、


2013.07.31 Wed 生きよう

今年の夏は風鈴の音がする。

娘が学校で作ってきたよう。

「ももちゃんが、作ってきたの、

パパ、飾って。」と、妻。

僕はベランダの物干しざおにぶら下げて、

風に揺られて、コーン、コン、コン。

2013.07.26 Fri 生きよう

100パーセントいいことでなくても、

1パーセントでもいいことが上回れば、

秤は傾いて行くと思いたい。

欲張らずに、ほどほどに、

ホドホドのところを歩いて行ければいい。

2013.07.25 Thu 生きよう

娘が隣で妻に電話をしている。

「ママ、まだ仕事してるの?

ママ、お腹すいた、、。

でも、買い物しないで帰ってきてね。

早く帰ってきてね。」

僕はぼんやりと、

ビールを飲んで、歌を聴いている。

娘はほんとうにママのことが好きなんだなと、

酔っぱらった頭で思っている。

2013.07.25 Thu 生きよう

今日は講習で、少し早く家に帰った。

夏休みの長男が、高校野球をテレビで見ていた。

自校が終盤で、一点差で負けていた。

手を合わせて、パワーを送って、

バッターボックスの選手を僕も応援する。

9回裏、最後の打席。

バッターの打ったボールは、青空を映して、

相手選手のミットに静かに収まった。

笑顔で駆け戻る選手と、涙を滲ませる選手。

ピッチャーが涙を手の甲で拭うのを見て、

長男も無言で泣いている。

そんな長男も来春は、大学受験。

2013.07.24 Wed 生きよう

中学の頃、サッカー部に入っていた次男が、

高校に入って、ハンドボール部に入った。

顔が真っ黒になって、泥だらけになって帰ってくる。

「そのまま、洗濯機に入れるなよ。」と、

そんな次男のジャージを風呂場で洗う。

自分で洗えよ、と思いながら、、。

ハンドボールはマイナーで、

部員も少ないみたいだけれど、

そのせいか、とても仲良く楽しそうだ。

青空と埃っぽいグランドと、水道水と汗と笑顔。

2013.07.23 Tue 生きよう

ようやく、雨。

雨に濡れながら仕事。

今日も頑張った、、

家に帰って、ビールを飲む。

アキレス腱にしこりが出来て以来、

歩くのが、痛い。

2013.07.22 Mon 生きよう

昨日の夜、選挙に妻と行った。

結婚して以来、ずっと二人で歩いて行く。

ベビーカーを押して行った頃もあった。


選挙は自民党が圧勝した。

数年前、国民は自民党政治に飽き飽きして、

民主党に浮かれていた。

民主党の政治が悪すぎた。

政党の力を過信し、国民の声を聞かずに、

中国、韓国にへりくだり、日本人の根底にある、

プライドをぼろぼろにした。

叫ばなくとも、許さない気持ちが心根にしがみついた。


選挙投票の帰り道、スーパーで妻が買い物をしている間、

本屋で何か読みたい本はないかと、探した。

色川武大の「うらおもて人生録」を買った。


僕が投票した生活の党は、悲しいくらい惨敗した。