生きよう

Home > 2013年01月

2013.01.28 Mon 生きよう

今日はとっても天気がいい。

ベランダの洗濯物が気持ちよさそう。

窓を開け放って、外の空気を感じながら、

ただ、のんびりとしている。

ねころんだり、風呂に入ったり、アニメを見たり、

好きな音楽を聞いたり、、、。

昼間っから酔っぱらいたいけれど、

一週間は禁酒することにした。

温かいうちに、障子でも張り替えようかな?

木枠がボロボロに折れているけれど、、。

長男が反抗期の頃、妻と取っ組み合いになってのあり様。

2013.01.27 Sun 生きよう

昨日は腹が痛くて、早めに会社から帰って来た。

みぞおち、肋骨の下など腹部全体が苦しくて、

骨や腹を擦りながら、仕事を2時くらいからしていた。

家に帰ってからも、なかなか横になることも出来なかった。

蒲団の上で横を向くと、無性に胃が痛くて耐えられなかった。

これ以上酷くなったら救急車を呼ばなくてはいけないかなと、

妻に背中を擦ってもらいながら、考えていた。

母も二十年前に胆石で腹を切っているし、

祖父は胃がんで亡くなっているし、叔父さんも胃がんで闘病中だ。

足をまるめながら上を向いて、眠りにつけた。

今朝はだいぶ痛みは治まった。

風邪や下痢の痛みではなく、重苦しい鈍痛と、

足にも掴みどころのないしびれ感のある腹痛だった。

盲腸かな、酒を呑みすぎるから膵臓炎かな、

胃潰瘍かななどと、妻と昨晩は話していた。

特別、長生きをしたいとも思っていない。

今死んでも、諦めはつくだろう。

好きな人と一緒になって、家庭を持ち、子供が出来た。

ある意味、生物としての、

ひとつの役目は終わった様な気もする。

命を繋いだ。

ただ、親よりは長生きしないといけないと思っている。

いや、子供が成人するまでは頑張らないと。

歳をとった日に、妻も幸せにしないと、、。

まだまだ先は長い。

今日は一日横になっていよう。

2013.01.25 Fri 生きよう

今日もいい一日だった。

愛し合ってるかい?と、

叫んでいた清志郎は死んでしまったけれど、

愛し合って生きたいね。

2013.01.21 Mon 生きよう

人はミスをする。

生きていれば、誰もが多かれ少なかれ、ミスをする。

ミスをしないにこしたことはないが、

大切なことは、

ミスをした時に、どう立ちまわれるかだろう。

2013.01.14 Mon 生きよう

娘の新体操の発表会に行った。

外は雪。

あまり上手くはないけれども、

楽しければいいよ、と

妻と笑う。

帰り道、コミュニティバスが不通で、

駅まで歩いた。

靴はびしょ濡れ。

家に帰って、暖かいうどんに、

生姜をたくさん入れて食べた。

おしるこも食べた。

明日は少し早く家を出て、

会社に行かないといけない。

雪かきかな。

2013.01.09 Wed 生きよう

「人はひとりじゃ、幸せになれない。

誰かを幸せにして、幸せになるんだよ。」

と、言葉に愛のない息子に、酔っぱらって言った。

2013.01.06 Sun 生きよう

今年も始まった。

仕事を頑張って、今日が終わる。

明日は休み、のんびりしよう。

みんな、頑張って生きている。

かっこよくない生き方しかできない。

まぁなんとか、今日も酒が旨い夜。

漬物やぎんなんやワサビ醤油につけて、

かま鉾をつまみに、

焼酎を呑む。

頑張りましょう、皆々様。

会いたい人に、会いに行く、そんな一年にする。

今年はどんな年になるのか?

そりゃあ、気持ちよく生きる。

昨日、夢を見た。

僕は独身で、好きな人がいて、

結婚できるか、心配してる。

目覚めて、あぁ俺はもう結婚して、

子供もいるんだと、なんか安心した。

馬鹿な夢を見て、今日も一日頑張ろうと、

仕事に出掛けた。

くそー楽しく生きるぞ!

生きてるだけで最高!

単純に生きよう。

2013.01.04 Fri 生きよう

娘とふたりで長い坂道を歩いた。

数年前の事を思い出した。

前歯のない娘とふたりで歩いた日の事を、

「、、、覚えてる?」と、聞いてみたが、

もう記憶にないようだ。

子供の記憶なんて、そんなものなんだろう。

母が体調を崩したので、お見舞いに行った。

福袋を4つも抱えて。

途中、頼まれたパンや牛乳や寿司の太巻きなんかを、

スーパーで買ったので、荷物はまた増えた。

2013.01.02 Wed 生きよう

元旦は実家に集まって、恒例の宴会。

父と母と妹夫婦と子供達、

長年の親戚みたいな兄貴と、うちの家族。

僕は酔いすぎて、リビングで倒れるように眠りこんで、

隣でチワマルのジョンが心配そうに、見詰めていた。

飽きるくらいに、蟹を喰った。

朝、目覚めて赤飯を食べた後で、

「神棚に飾るお札を買ってきてくれ。」と父に言われて、

母と車に乗って、神社に行き、お参りをしてお札を買った。

次男の合格祈願のお守りを、母が買ってくれた。

家に帰って、年賀状を見た。

風呂を洗って、風呂に入った。

お年玉でさっそく娘が、3DSを買って来た。

クリスマス、サンタさんのプレゼントは自転車だった。

新しい一年が始まった。

今年も健康ですこやかに、過ごせればいい。

はるなつあきふゆ。

春夏秋冬。

おだやかに、のんびりと、いからず、楽しく。

遠く広がる、あおぞらのような、

吹き抜ける風、揺らぐ草木のような、

好き日になりますように、、。