生きよう

Home > 2012年02月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.29 Wed 生きよう

あー疲れた。

今日は雪かきもやったし、少し熱っぽい。

家に帰って、厚着して、ワインを飲みながらゆったりしている。

この休息感がなんとも心地よい。
スポンサーサイト

2012.02.25 Sat 生きよう

雨が降っていた。

そんな雨に濡れながら仕事。

だけど、雨って、嫌いじゃないな。

15の頃、震えるくらい大好きで、

失恋した時、初めて飯が喉を通らない事を知った。

そんな彼女が風邪をひいたとき、

八百屋で安物のみかんを買って、

雨の中、彼女の家を目指して自転車で走った。

結局、渡すことはできなかったんだけれど、

その思いは今でも心の奥に残っている。

あの日の俺は、

きっと今よりずっと、

優しかったんだろうな。

2012.02.20 Mon 生きよう

春の光を感じた

冷たい風に頬をさらされながらも

しっかりとした、真っ直ぐな光を感じた

春は近い

そして、自然はあるがまま

梅が咲き、桜が咲く、

歩いていこう

2012.02.13 Mon 生きよう

心地いい午後


何をするわけでもなく、ぼんやりと緩んでいる


一人の休日は、パスタをたくさん茹でて、


ミートソースを二人分ぶっかけて、


チーズとタバスコを大量にかけて、


ワインを飲みながら昼飯にする


ワインも安物だけれど無添加のものを、


ジュースのようにガバガバとのんで、酔っぱらう



部屋に貼ったルノワールの


「草むらの中の坂道」のポスターに癒されながら


酔っぱらった手で洗濯物を取り入れて、


次男のワイシャツと長男のジャケットのボタンつけを


気まぐれに、めずらしくした



ボタン二個で肩こり全開だなー



あとは揺り籠の様な椅子があれば、



それが木に守られているような懐の深い椅子ならば



僕はますます怠け者で、幸せになれそうだ

2012.02.13 Mon 生きよう

お腹いっぱいに焼肉を食べて、

鍋と雑炊を平らげて、

ビールに酔って、

夜道を家族五人で、他愛もない話しをしながら歩いて帰る。

夜の散歩じゃないけれども、

この感じ、とても好きだな。

2012.02.12 Sun 生きよう

まんまと風邪をひいて、喉が痛い。

声がガラガラと低くかすれて、修行僧の様だ。

マントラを真似て眠っている子供達を起こしにく。

「うるさいよ~」

「争いの絶えない世界に平和を、、、むにゃむにゃ。」

「もうやめて!」と、妻の声。


今日の夜は少し早い次男の誕生日祝いに、焼肉を食べに行く。

焼き肉好きの次男のリクエスト。

昨日は夕方の六時から何も食べずに寝てしまった。

体全体のだるさや寒気も引いて来た。

逆行するように喉だけが修行僧。

今夜は焼肉にビール。

それまで、のんびりしておこう。

2012.02.06 Mon 生きよう

昼にレストランで両親と食事をした。

結婚記念日のお祝い。

妻が提案して、四人で過ごした。

僕は昼間からワインに酔って、饒舌になる。

「好きなものを頼んだ方がいいよ。

あとで思いが残るだろう。」

食事の後にもデザートにアイスやケーキやコーヒーにレモンティー、、、。

お腹がいっぱい。

母は想い出話を繰り広げる。

歳を取るとなんで同じことを何度も言うのかな?

欲しい物はなんでも買ってしまえばいい。

後になにも残さなくていい。

2012.02.04 Sat 生きよう

やっぱり、頑張るしかないんだよね!

少し無理して笑ってでも、、、。

僕は頑張ってる人が、やっぱり好きだし、

こころのどこかで、本当は、、

そんな人になりたいと思っている。

2012.02.03 Fri 生きよう

百花が絨毯の上で眠っている。

久しぶりに学校に行って疲れたのかな。

僕の蒲団を掛けてあげた。

さて、僕はどうやって寝ようかな?

先日、ご飯を一人別の部屋で食べている娘が可哀想で、

「寂しいだろ、こっちで食べろよ。

百花のインフルだったら、移ってもいいから。」

「さびしくないよ。」

にっこり笑っていた。

後になって、「パパに移しに来た。」と言って、背中にのって来た。

翌日、珍しく会社に行く僕を玄関に見送り。

「パパ、何か買ってきて。」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。